インタラクション

男は酒屋の前で出会った中学生にドライブを持ち掛ける。 イカれ男と不良もどき中学生の道中の話。

森健三郎氏、推薦。
シンガーソングライター森健三郎氏からお言葉を頂きました。
「ヘドロは最初は花だった。
破裂したヘドロは鮮やかにきらめく。
『インタラクション』最高でした!  ――森健三郎」
※このドラマはフィクションであり、登場人物、団体名、森健三郎氏等は全て架空のものです

 

        
 

あらすじ

  • 出会い

    利久が酒屋の前で酒を飲んでいるところに佐伯が現れる。
    アウトロー気取りの利久をからかいながらも、興味を持った佐伯はドライブを持ちかける。

  • 目的地

    「飲酒しながら運転」をする佐伯とその車に同乗している利久。
    目的地を尋ねると、そこに行くためには「本物の男」でなければならず、それを見極める試験があるという。

  • 試験

    佐伯は実は大道芸人で、とても面白いショーを持っているらしい。
    ショーは佐伯ともう一人、「本物の男」がいなければ実演出来ないとのこと。
    利久は観客を集めること、ショーを手伝うことを試験として与えられる。

  • ルール

    「本物の男」と認められた利久はご機嫌にドライブを続ける佐伯に文句をたれる。
    そんな利久を余所に、佐伯はある疑問について話し始める。

  • お迎え

    夜の8時になり、利久を迎えに執事がやって来た。二人は利久の家へ向かう。
    二人は利久の母親と共に夕食を摂るが、なにやら利久の様子がおかしい。
    見るに見かねた佐伯は利久を連れ出す。

  • 友達だけの街をつくること。それが佐伯のしたいことだった。
    利久は母親に反抗をする。母を信頼して。
    二人はこの街に一つルールを作る。